事業協同組合設立・定款変更・決算関係書類・役員変更届は、多田法務会計事務所へお任せください。



多田法務会計事務所
兵庫県尼崎市武庫之荘2-10-5-101
TEL:06-6432-8011(直通)
メールはこちらメールで相談する。

ホーム 運営者 お問い合わせ

事業協同組合設立
協同組合設立の準備
協同組合設立の手順
協同組合設立の認可基準

事業協同組合の変更

定款変更
役員変更
事業協同組合の運営
通常総会・臨時総会
所管行政庁への届出
公正取引委員会
登記の種類


参考
事業協同組合とは
依頼費用
当事務所について








協同組合設立の手順


協同組合設立の準備 協同組合設立の手順 協同組合設立の認可基準 外国人技能実習生制度


協同組合設立の工程を順を追ってご紹介いたします。

◆組合員名簿を作成する
協同組合の設立には、組合員が必要です。組合員は、事業者(個人事業者又は法人)でなければなりません。
どういった地区でどういった業種の事業をされているかが重要なポイントになりますが、とにかく、協同組合を設立するためには組合員がいなければ始まりません。

協同組合の組合員は、原則として中小企業者であり、下記の要件のうち、いずれかを満たしている者に限られます。規模が大きな事業者はNGとなります。
組合員の業種 資本の額又は出資の総額 常時使用する従業員の数
卸売業を主とする事業者 1億円を超えないこと 100人を超えないこと
小売業を主とする事業者 5,000万円を超えないこと 50人を超えないこと
サービス業を主とする事業者 5,000万円を超えないこと 100人を超えないこと
上記以外の事業者 3億円を超えないこと 300人を超えないこと
※個人事業者の場合は、従業員要件のみで判定します。
上記の「資本要件」及び「従業員要件」の両方を超えた者が組合に加入した時は、公正取引委員会に30日以内に届け出ることになっています。また、既に加入している組合員が両方の要件を超えた場合についても同様です。


◆発起人を選定する
組合員のうち4人(事業者)以上が発起人となります。


◆設立準備資料から書類作成
設立までの事務処理は発起人が行うことになっております。
事務処理とは、書類の収集や作成、創立総会の運営、認可申請となります。
これらの大半の作業は当事務所が行うことになります。
まず設立準備書類から定款原案及び設立趣意書(事業の概要、事業計画、収支予算などを記載)を作成することになりますが、これらの書類はすべて当事務所が作成します。

創立総会の開催にあたって、定款原案を会議の目的及び場所とともに創立総会開催日の2週間前までに設立事務所の店頭に公告します。

創立総会は、協同組合の設立に同意した者の半数以上が出席して、その議決権の3分の2以上をもって定款の承認、事業計画及び収支予算の決定、理事及び監事の選挙等設立に必要な事項を決定します。
この場合、発起人が作成した定款の中の組合の地区及び組合員たる資格についての規定は変更することはできません。

創立総会終了後に、総会議事録を作成いたします。
一般的に創立総会の直後に最初の理事会を行い、理事会終了後に理事会議事録を作成いたします。
これらの書類も当事務所が作成いたします。

創立総会が終了した後、当事務所が認可申請書を作成し、所管行政庁に対し認可申請を行います。
通常1〜2か月で認可となり、当事務所に認可書が届く運びとなります。

行政庁の設立の認可後、発起人は設立事務を理事に引き継ぎ、理事が出資金の徴収を行い、その出資金の払込が完了した日から2週間以内に協同組合の設立登記を事務所の所在地の所轄の法務局において行います。
この設立登記申請日が、原則として組合の成立年月日となります。


設立準備資料」を揃える。
設立準備資料を基に各種書類の作成
(定款、趣意書、事業計画、収支予算など)
創立総会
(発起人と設立同意者の半数以上の出席が必要です)
定款の承認、事業計画及び収支予算の設定、
役員の選出など設立に関して必要な事項を決定します。
設立認可申請書を作成し、所轄行政庁へ申請
所管行政庁の認可
出資の払込みを受ける(認可後、遅滞なく)
登記(認可後2週間以内)
設立




●所管行政庁との組合設立事前協議
組合の設立手続きは、法律(中小企業等協同組合法)に定められている通りに進めていかなければなりません。これに違反したり、添付書類の一つでも欠落すると設立認可申請が不認可になったり、設立が無効になったりする恐れがあります。
従って、実際に設立手続きを進めるに当たっては、所管行政庁と事前に任意に協議するなどして、書類の不備や事業の実効性の否認がないように、十分に検討する必要があります。


●設立認可申請書類一覧
書類名 記名押印者
中小企業等協同組合設立認可申請書 発起人代表
定款  
初年度における事業計画書  
次年度における事業計画書  
役員の氏名及び住所を記載した書面  
設立趣意書 発起人全員
設立同意者がすべて組合員たる資格を有する者であることを設立発起人が誓約した書面 発起人代表
設立同意者名簿 発起人代表
設立同意者がそれぞれ引き受けようとする出資口数を記載した書面  
初年度における収支予算書  
次年度における収支予算書  
創立総会議事録 議長・発起人
理事会議事録 出席理事
発起人代表への委任状 発起人代表以外の発起人
設立発起人印鑑証明書
役員就任承諾書 理事・監事
設立同意書及び出資引受書 同意者全員
※これらの書類はすべて当事務所が作成いたします。
※申請をスムーズに進めるため「捨印」は必ず押印してください。
※法人事業者は、法人代表印。個人事業者は、個人実印。
※役員(理事、監事)として押印するときは、個人印。




事業協同組合設立をサポートします


Copyright©2003-2015 多田法務会計事務所 TADA CONSULTING OFFICE All rights reserved

多田法務会計事務所
兵庫県尼崎市武庫之荘2-10-5-101
TEL:06-6432-8011(直通)


行政書士には、法律により守秘義務が課せられています。お気軽にご相談ください。